ようこそ!ここは自然栽培柑橘のネットショップ≪因島のおばあちゃんのみかん園≫です
Natural cultivation citrus Murakami farm
電話 0845-24-0465 大地の恵み
送料 お支払いについてお問合せ お便りはこちらから村上農園のご紹介地図(村上農園所在地)トップページへ特定商取引表記
 Privacy policy
 農家兼業日記78
 お客様便り
 今年の温州みかん
 今年の八朔
 安全なみかんって?
 ナギナタガヤ
 柑橘レシピ 
 みかん豆知識
 みかんの梱包
 八朔の梱包 
 はちみつの話
 リンク
 手作り石鹸レシピ
 Facebook
 listbuttonFAXでのご注文
 listbuttonお買い物カート
 listbuttonメールでのご注文
 温州みかん
 八朔
 甘夏みかん
 ネーブル
 キンカン
 グリーンレモン
 レモン
 キヨミオレンジ
 すっぱい夏みかん
 アンセイカン
 スウィートスプリング
 柚子
 橙(ダイダイ)
 百花はちみつ
 柑橘はちみつ
 菊芋
 キウイ
 ローリエ
 カモミール
 サフラン
 ハブ草茶
 山椒の実
 レモングラス

準備中
 私たちが栽培しています
 
農家兼業日記2020/7/1~7/31  日記79へ戻る  農家兼業日記81へ
30日は呉からお客様/月末は庭のお手入れ・お部屋の換気 
月桃 バタフライピーとトレニア
2020/7/31 昨日友人が持ってきてくれた珍しい植物(ゲットウ・バタフライピー・トレニア・サボナリア)植物の特性を考えながら植え込む場所を思案しています。あまりの蒸し暑さに呼吸が辛く、休憩しては少し動き、又休憩と、、仕事にならない一日でした。
 2020/7/30 梅雨明けしました。明けた途端に激暑。。明日は34度!の予報。。
息苦しくなるほどの湿度。空を見上げ明日のお天気の心配をすれば、宮沢賢治の詩の一編「雨ニモマケズ」が脳裏に浮かぶ。

今日は大切な友が二人訪ねてくれました。ほっこり幸せなひと時を楽しめたことに感謝です。
午後から黒雲、雷鳴がとどろき土砂降りに 
甘酒の仕込み
 2020/7/29 午前中は曇り時々晴れ、正午頃になって突然黒雲が表れ雷鳴がとどろき土砂降りの雨に。。。
梅雨もそろそろ終わりそうです。
今日は午後から電気屋さんがエアコンの部品の取替に来るため、夜明け前4時頃に起床し庭の草取り。火鉢に植え込んでいた利休梅が元気がないので地植えにしました。数年立って幹が古くなると花を咲かさない利休梅は、切り戻しするようになるので、南側の小窓から見える場所にしました。プレハブの倉庫を撤去した後を水脈整備し、広さも日の当たり具合も丁度良い感じです。しかし、2mを超える高いブロック塀があることが通気や日照の妨げになっていて、特に今年の長雨で例年よりも蚊の発生が半端ないのです(-.-)。地震など起こったら倒壊の危険もあるし、通気が悪くなると環境に多大な悪影響が及びます。気持ちよく過ごせる環境作りの知恵をたくさんの人達と共有できるといいのになぁ。。
こんな世の中では問題も色々起こってきます。皆で良い環境作りに向けて心を一つに出来るとすてきな地域になるのにね。

イジイジしていても仕方ないので、甘酒と豆乳ヨーグルトを仕込みました。
ヨーグルトは室温で3時間ほどで完成、早い!!甘酒は60度で9時間の設定。器具を使ったのは初めてでしたが、甘酒作りには便利でした。

明日は呉の友人が2人で来島の予定です。久しぶりなので会えるのが楽しみです。一人で農作業をこなしている私を心配して摘果や収穫のお手伝いにも来てくれるので、ワイワイと楽しみながら作業がすすみます。

夜9時過ぎになってK家族より連絡が入り、明日トイレの掃除と、リサイクル業者が実家に置いているピアノの査定に来るので入らせてほしいとのこと。
庭のハーブを修治 
タイマツソウの修治 高山植物キレンゲショウマ
 2020/7/28 今日は次男の通院日、送迎のため待機しています。
数日来客や実家での諸問題も重なり、作業にも出られない日が続いています。
事務処理や湿気対策にも結構時間をとられている、気候の異変、地球の声に耳を傾け、一人一人が小さなことからでもいい、一人の力が広がっていけば、やがてうねりとなって結果をうみだしていけるのではないか、そんなことを念じながら細やかでも土中環境対策を講じています。3日ぶりに庭のタイマツソウを収穫し修治。乾燥したタイマツソウ、ミントと甘草をブレンドしお茶にして食後にいただくと、デトックス効果がとても早くお腹がすっきりです。

柿の木の根元で育っているキレンゲショウマに今年初の花が咲きました。花弁は肉厚で蕾が膨らんでからも咲くまでには数日かかります。
晴れたり曇ったり小雨が降ったりの一日
 2020/7/27 昨年知人を介して手作り家具の製造を手掛けるミヤカグさんと出会うことが出来、オーナー宅で開催された料理講習で見せていただいたオーダーキッチンの使い勝手と作りの良さに感動し、今年春先に再度訪れ依頼して4ヶ月、今日は広島からミヤカグさんが、オーダーキッチンの最終打ち合わせに来られていました。お願いしていた欅のミニ作業台も完成、オスモクリアで仕上げてあるので1か月乾燥を待ちます。
秋キッチンが届く頃にはコロナが終息してるといいなぁ、、完成予定は10月とのことです。
今回はわかりやすくイラストも描いて持ってきてくださったので、イメージがより鮮明に伝わったため、打ち合わせの時間も短縮できました。奥様のセンスとご主人の誠実な対応に感謝です。

そして、問題の実家裏のK家族所有の建屋は、9月には解体され更地になる予定とのこと、、、
経緯については、父が30年ほど前に実家敷地内に建てたK家族の2階建屋があり、28年程居住していたのですが、昨年12月同町の古民家を改装後引っ越し。引っ越し後建屋は解体し更地にして返してもらうことになっていましたが8か月経っても放置したまま手を付けようとしないので、良心に法った対応を望む旨通知し、このまま放置し続けられては、土地活用も空き家活用のための準備もできないので、今後は地代と利用料を支払ってもらうようになりますと通知すると、3週間前より清掃をし始めました。

2000年父が亡くなって以降は、口うるさい爺様がいなくなったとばかり、実家2階の空き部屋2室を家賃も払わず使い続け、2015年母が亡くなった後も、駐車帯には不用品やごみ、電化製品や米の保存庫を置きっぱなし。洗面室を洗濯場として、台所は作業用に、二階和室は衣類置き場に、また客間をリハビリのために使用するも、窓ガラスが割れていても網戸が破れていても、畳を焦がしていても、修繕も管理もしないまま放置。

先週の連休中は、2階の空き室を学生時代から利用していたTが母親から連絡を受け、何年も部屋に放置したままの所持品等を片付けるため東北から帰島していました。Tには不用品など移動する手伝いをしてくれたことには感謝していますが、母親は自己都合で利用し続けていながら「自分のものでもないのに」という言葉を何度か口にしていました。
Tは原状回復義務があることなど良識を踏まえたうえで、自分が母親とこちらの間に入り話し合いを望んでいることを申し出てきました。しかし、話し合いをするも、「母が早く話を付けて切を付けたいと言っているから、こちらが支払えるお金を用意しているので受け取ってもらいたい」と自己都合を優先してきました。
修繕個所の見積もりをきちんと出してからでなければ、話にならないことを伝えると、出せないものを出せと言われても出さないと言ったら、それで了解してもらえるのかと半ば脅しのような言い方をしてきました。アパート経営を通してこうした問題の取り扱いは長年してきていることを踏まえ、良心的な対応をしていくことを伝えると、「やっぱり見積もりを出してからになるのか」と再度問いかけてきました。K家族の良識を大きく外れた言動、しようと思えば出来たことを8か月間放置し続けたこと、一般的な良識を理解できない受け入れたくない心情について、問題の経過を当方の家族に伝え、今後の対応について話し合いをしました。良心と公正な姿勢で対応してもらえないとなると、こちらも出方を変えていくしかありません。
連休最終日にはTより「今後も、片付けが終わるまでは母が建物内に入らせてもらいます」との連絡があり、Tは連休最終日26日の午後には帰路へ。
母親は、数日前もこちらの提示する約束事を無視し、無断で建物内に侵入、業者を呼びつけ身勝手に見積もりを依頼したこともありました。お金への執着心がそうさせるのか?5人の子供たちの内2人は結婚し子供もいて別居、3人は働いており同居、主は脳内出血による半身不随のため1級障害者年金を受けています。母親も働いており、金銭的に生活が困窮するような状況は考えにくい、、、
カバノアナタケ(チャーガ) 
カバノアナタケ(チャーガ)抗酸化作用の強いキノコ
2020/7/26 雨降りの一日、江田島の同級生が届けてくれたカバノアナタケ(チャーガ)を粉状にし試飲してみました。ほのかな苦みと味のない木(コルク)というか、説明できないようなものですが、飲みづらさはありません。健康に良いのだったら我慢できるかなという感じでしょうか(笑)貴重なものなので届けてくれた同級生には感謝の思いでいっぱいです。

(ウィキペディアより抜粋)国内外の研究報告により、チャーガには抗がん効果、免疫力の強化作用、活性酸素除去作用、抗エイズウイルス効果、抗インフルエンザウイルス効果、O-157などに対する抗菌作用、糖尿病や高血圧の予防と改善作用、アレルギー疾患の予防と改善作用、慢性肝炎や慢性腎炎の予防と改善作用などがあると考えられている。

連休最終日、昨日に引き続き2名で実家の片づけに入っているとの連絡あり。
 
 
長持は衣類や布団を収める木の箱で明治以降は製造されていない 木曾檜風呂 古民具
 2020/7/25 15時前まで家仕事に専念、K親子が実家の部屋の片づけに入っているので、飲み物を届け部屋の状態を確認、利用していた部屋の窓ガラスが大きく割れたまま放置されていました。故意に割った覚えはないとのことですが、雨が吹き込んでくる状況のまま放置し続けた管理義務違反に関しては責任を免れないことを伝えました。古い布団や使えなくなったシャンデリア、建屋外の壁際に放置された木切れや竹、錆びたロッカーなども運びだし、古い木切れなど整理、木曾ヒノキ風呂、ながもちや古民具や農具など写メしてFBにあげると、ほしいという声があって、ながもちは再度家の中に運び入れることになりました。
長持について(Wikipediaより一部抜粋)↓
江戸時代には木綿が普及したことで掻巻や布団など寝具が大型化し、より大型の収納具が必要とされたことで武家で長持が使用され始め、やがて庶民の間にも普及するようになった。
車長持
一般的な大きさは、長さ8尺5寸(約174センチメートル)前後、幅と高さは2尺5寸(約75センチメートル)[1]。錠を備えたかぶせ蓋がある。上等の品は漆塗り、家紋入りのものもある。長端部には棹(さお)を通すための金具があり、運搬時はここに太い棹(長持棹)を通して2人で担ぎ、持ち運ぶ。

移動しやすいように底部に車輪を組み込んだ車長持が普及したこともあったが、明暦3年(1657年)に江戸で発生した明暦の大火で、家々から外へ運び出した車長持が路上にあふれ、人々の避難を妨げるという事態が生じたため、江戸・京都・大阪で使用が禁止された。
一方、地方では引き続き用いられ、宝暦4年(1754年)の仙台では火災のたびに車長持が引き回される状況があった。

長持は代表的な嫁入り道具の一つでもあり、嫁入りに際して長持を運ぶ際の祝い歌は「長持歌」として伝承されたが、明治時代・大正時代以降、長持の役割は箪笥に譲られることとなった。
 雨の日のお客様
和蝋燭の灯
 2020/7/24 昨年の梅雨明けは7/21頃、今年はまだ明けません。今日も雨が降り続いています。こんな日ですが、高校時代の恩師が訪ねてくださいました。
数日前、我が家の前を通りがかった折に、私を見かけて、電話で話も聞いてくださいました。「元気がなさそうに見えたんじゃけど、痩せたんじゃないの?体の調子は大丈夫?」と心配してくださいました。

今日は、T先生の子供時代のお婆様との日常の中でも、子供にとっては重労働だったはずの農作業の思い出などを、愉快に豪快にお話してくださり、笑いと感動のお話に元気と勇気を充電出来ました。
こうしたご縁を持つことが出来て幸せだと感じることが出来たし、不条理を決して許してはならない!!という気概がふつふつと湧き上がってきました。月末には呉からも友が2名訪ねてくれる予定です。コロナ騒動の渦中、積極的に人と接することを避けてきた8ヶ月でしたが、心が寒くなってしまいますね。人とのつながりの大切さをしみじみと感じました。
 来客日
桔梗
 2020/7/23 一輪の花のやさしさに、幸せな一日の始まりを感じる。。。
今日は福山から、4名のお客様がお越しになられました。この日まで市外には外出することもなく過ごしてきましたが、有意義な時間を共有できる人たちとの交流は大事です。 
悠莉ちゃんの誕生日 
孫の悠莉の誕生日でした 
 2020/7/22 いろんな出来事に翻弄される日々、FBの過去の記事を目にし、孫娘の誕生日だったことを思い出しました。何もしてあげていなかったけれど、ラインでおめでとう!を伝えました。やんちゃな悠莉ちゃんは4歳になりました。
時が過ぎ去るのは早いものです。あれからもう4年も経ったんだなぁと、当時の一コマ一コマが脳裏を巡り巡って、ついこの間のような気がしています。
3日前から晴れたり曇ったり 
採れたてお野菜をいただきました ローズマリーチンキ キレンゲショウマ 網戸と窓のお掃除
 2020/7/19~21  19日夕方になって、息子の同級生から大きなスイカ、栗カボチャ、美味しいプチトマトをいただきました。感謝です。込み合った枝を剪定したローズマリーでチンキを仕込み。することはきりがないほどあれこれと(笑)  

20日高山植物キレンゲショウマの蕾が、もうすぐほころびそうです。
お天気3日目には、植え替えたアジュガがしおれ気味、急に気温も高くなり水分も蒸発してしまうと、植物たちは気温差と乾燥についていけていないようです。夕方になって軽く散水、土中環境対策がまだまだ甘いことを実感、森のようなフカフカな土にはまだまだ程遠い、、地道に少しずつ頑張ろう。

21日お天気が良いうちに部屋の窓の網戸を外し洗って窓ふきもしました。
梅雨時期はお掃除や換気対策が必須です。丸2日窓を開け放し、床や隅々のものをよけて風を通しています。
ノカンゾウの花 シモツケの花
2020/7/20 ノカンゾウは一重咲きです、摘み取って蕾も採取し夕食の1品に。シモツケは次々と咲き続けています。
午前中、トラックの荷台いっぱい分のごみ処理、湿度も気温も高い。
立っているだけでも汗が滴り落ちるほど湿度が高く不快な暑さ、、、1時過ぎには作業を一旦止め、着替えをして2時間ほど休憩しました。夕方まで庭の整備をして、店舗の戸締りをした後、各部屋換気扇フル稼働のままです。それでも湿度が高い時は除湿をかけて対策。

過去においても、今年のような不快指数の高い梅雨はなかったように思います。
 待機中に家仕事
山陰から島へ届いた純日本品種の桔梗 店舗の大掃除 冷蔵庫の清掃 水脈整備
 2020/7/18 山陰からこの地へ旅してきた純日本種桔梗。。咲いてくれました。美しいです!
お天気も良いので、店舗内の大掃除、冷蔵庫も清掃し気分もすっきり(#^^#)
倉庫を撤去した後の水脈整備の続きで、炭、竹、剪定枝を入れながら3mほど透水管を通しました。
20mほど透水管が足らないので、山から流れた透水管を掘りだして再利用しようか、、掘りだせるかな??  
夜明け前の裏庭 
早朝の草刈り ホスタは満開 夜明け前の桔梗 花オクラ 夏菊が目に鮮やか
 2020/7/16~17 雨上がり、久々の良いお天気です。山道は川になっていました。がけ崩れも心配なので、山仕事は少し間をおいてからにすることにしました。途中土砂が落ちている個所もあったり、通路の崩壊の部分が広がっている、緩くなっているので車で通行するのは危険です。裏庭の片づけや草刈りを進めています。ホスタの花もそろそろ終わりそうです。夜明け前、桔梗のお花がまだ開いていませんでした。花オクラを4つ採取して朝食に、、、夏菊の赤紫が目に鮮やか。。早起きのご褒美をいただきました。今日も良い一日でありますように。。
 2020/7/15 今日は、二男の通院の日で送迎もあり、家で待機しながら古い戸籍謄本を調べ、過去帳に記録を行っていきました。村上家の初代は、大正5年4月12日に本家平屋より分家。令和3年に100年になります。分家して後、山を開拓し宮大工と農業を兼業してきました。初代が開拓したみかん山の石垣は2018年7月の豪雨で5段目から崩壊。何百トンもの土砂が流出。山の中腹まで運び埋め戻すことは不可能。
さて、空き家となった実家の今後について、また、新しいおおきな課題が目の前に(◎_◎;)
まぁ、、何とかなるさ、、楽しみながら取り組もう!!
雨の合間に庭の整備 
 ベルガモットを採取
 2020/7/14 雨上がり、ベルガモットを2日ぶりに採取。食後のハーブティーでミントとブレンドしてのんでみたり、紅茶やコーヒーとブレンドしてみたり、色々と試しています。
柑橘類はもう販売するものもなく、梅雨の雨の影響ですっかり繁茂した草の処理も気になりながら、今は危険な山に上がるタイミングを見計らって、再度実の育ち具合を見に行く予定です。
災害の起こる現状を見ていると、不安にかきたてられ、起き上がることを躊躇してしまいそうになりますが、何もなさず放置することもできません。問題点を見据えて、徐々にでも出来ることを努力していかなくてはと自身に言い聞かせ、これからの過酷な作業に備え、今は体力温存すべき時期と捉えています。
 降りしきる雨
 お客様からのお便り 夏菊のほころび
2020/7/12~13 降り続く雨に眠れない夜を過ごし、入りきれないほどいっぱいになったレターホルダーのお手紙の数々を読んで過ごした。。お客様からのご感想や励ましの文章に目を通しながら、涙があふれた。。
降りしきる雨、、動けないもどかしさにもやもやとする日々、、、

早朝の裏庭に出てみると、夏菊が蕾を膨らませ始めていた。草たちが勢いよく繁茂。。

12日は司法書士事務所に行き、帰りに手打ち蕎麦屋さんで遅い昼食。店主が話しかけてくれて少し雑談。。
こんな時間に心が救われる。。 
 
 2020/7/11 今日もほぼ一日雨降り、夕方になって止んでいました。
じめじめするので、換気扇も回しっぱなし、除湿も時折かけながら湿度調整しつつ事務仕事です。
午後一に知人が紹介してくれたタロット占いをオンラインでお試し。30分3000円の予定で進めていたら1時間ちょっとかかっていました。水晶とカードでの生まれて初めて占いというものを体験しました。気分転換にもなって楽しかったです。
庭のエディブルフラワーをお焼きに(#^^#)
 そば粉のお焼き
 2020/7/10 雨降りの一日、庭のハーブ類を採取して乾燥させています。雨が降ってもオレガノやベルガモットのお花たちは次々にさいてくれます。お花オクラやヤブカンゾウのお花も今朝はそば粉のお焼きに入れていただきました。
木曜のお客様たち
 宮大工さん製作のキッチングッズ 檜のまな板 古い竹細工の古民具
2020/7/9 実家の道具類の処分や修繕にむけて相談に乗ってもらう為、知り合いの宮大工さんに連絡を入れると、梅雨時期なので仕事が進まず待機中だから時間があるとのことで、今日来てもらえることになりました。
手土産に檜のまな板とヘラ。黒檀、桑、いちいのお箸をいただきました。丁寧な仕事ですべすべな手触りと使いやすさ。

実家の大工道具など、利用できそうなものと、処分するもの、使えそうな材木や修繕していくためのアドバイス等全体的に見立ててもらいました。遺産分配の協議に向けて、妹たちにも連絡を入れるための準備中です。
家の中を案内しながら、6年ほど前、奈良の古民家の解体の折に出た竹細工のついたてを引っ張り出して、みてもらうと「作りを見ているととても良い勉強になります」と言ってもらえました。これも補修する箇所があったりするので、ものがあればあったで管理が大変であることも踏まえ、考えていかなければと思っています。
昼食に手打ちそばを食べ帰宅して、保管していた鉋や鑿など見てもらいました。

福山の知人が友人2人と午後3時頃になって立ち寄りたいとの連絡が入りました。
コロナで半年以上静かだった部屋が一気に賑やかに。。
アロマで感染予防対策も怠りなくしてお迎えしました。
2020/7/8 梅雨の合間のお日様が照る一日でした。お布団を干して窓を開け放しアパートの空き部屋も風通しをして回る。  
 2020/7/7 昨年12月まで実家裏にK家族が居住していた空き家の処置について、このまま何年も放置されっぱなしになっては、予定が立てられない旨連絡を入れ、地代を支払ってもらうようになることを告げると、今月までに解体の日程を知らせますとの返答。お金がかかることは嫌だったのか即答だった。
実家のお墓参りに 
昨年作った竹灯り 6年前のみかん山
 2020/7/6 父の命日です。午前中に勤行をして、お墓参りにも行ってきました。
雨の中、二男が傘を持って同行してくれたので助かりました。
今日は息子とも話をすることが出来て、少し気持ちが落ち着きました。
去年は竹灯り作りをして、七夕飾りも作り、草友会のメンバーさんたちがみかんの摘果作業に来てくださいました。
短冊にそれぞれ願い事を書いて結び、手打ちそばを食べた後みかん山に向かいました。
今年は不作で実が少ないため、摘果作業のお手伝い募集はありません。
今年は実家の片付けで当分日程をとられそうです。

2014年、6年前のみかん山です。土砂崩れが起こったのはこの写真から4年後。これも、自然が状態を維持し続けることが出来なくなったことにあります。数年前からみかん山に入るまでの主要道路は地下トンネル工事が行われていて、周辺は環境の変化に伴って山や崖の崩壊が多発しています。公共工事が及ぼす自然破壊は止まりません。
父の命日の前に 
父の命日前日に掃除をしました。 父の命日前日に掃除をしました。 30年前実家にて
 2020/7/5 明日は実家の父の命日です。ご仏壇の部屋の掃除後勤行をして、本棚の下にあるアルバムを見つけました。懐かしい写真の数々。右端は30年前の写真、、、盆・暮れ・連休には全員集合でにぎやかに過ごしていました。
みんなの笑顔が懐かしい。 幼いころに見たのかもしれない古い写真の数々...
こんな時代があったのだと、、、懐かしさに涙と笑みがとまらない。
今は誰もいない、し~んとした部屋で写真を見ている私。。。
過ぎ去りし日々.....たくさんの思い出が脳裏を廻る。
いつかやってくる別れの時を静かに思い乍ら、今できる精一杯を生きていこうと誓いました。
摘果みかん サイクリスト仙人
摘果みかんを発送、草友会の仙人さんが、大三島のライブ後、自転車で突然にお立ち寄り。生口島の柑橘農かさんのお手伝いに行かれるとのことでした。 
今日も雨降り-*-家仕事に専念 
久しぶりの玄米ご飯 お米も搗きに行きました。
 2020/7/4 玄米と白米、今日は久しぶりに玄米ご飯を炊いてみよう。
玄米で植物性乳酸菌作りも。。
昨日の作業で疲れが抜けきれず、お米をつきに行ったり、掃除をしたりのんびり家仕事に専念。。

小雨をねらって庭に30センチほどの穴を掘り、空気通しの竹筒を入れ、薬草等の煎じカスを炭と共に入れ込み、生ごみも炭や剪定枝や竹などと共に土中に埋め戻し、生物や微生物が生息し、菌糸が植物の発根を促す環境となるように土中環境対策を講じています。生ごみを焼却するためにどれほどの化石燃料が消費されていることでしょう。

微力でも地球温暖化対策となるならと20年来続けています。
 2020/7/3 実家の敷地内の草刈り、石垣のヘデラや蔦の処理、実家の裏の妹家族の空き家周辺の水溜まりを流す水脈堀りなど、雨の日でないとわからない問題点が色々と見つかりました。引っ越し後も放置されたものであふれかえっている空き家、実家の部屋内にも使用していた布団や雑貨類やビールや取り外したエアコンや植木鉢や埋め込んだ鉄板や犬小屋や道具類など散在しています。借家として見せてほしいというご家族をご案内したときも、驚かれていたので片付けてもらうよう連絡を入れました。仕事がいっぱい増えていきます。水脈整備はびしょ濡れになって1日かかっても終わりませんでした。家の周囲を掘り、透水管を入れて処置しないと雨水でぬかるみや水たまりがひどいことになっていました。
ずっとこのような悪環境の片づけや整備をし続けています。状態がよくなることは喜ばしいことではあります。
しかしながらあまりにも無理難題が多すぎます。Help me..... 

お父さんお母さん、ご先祖様、どうか私に力を貸してください。地域に迷惑をかけないためにも誰かの助けが必要です。

農業を目指したい人に使ってもらえると嬉しいです。部屋数もキッチンを含めて8部屋あるので農家民宿も可能です。きれい好きで、自然を大切に思い、大地の再生という視点をもって、農薬肥料類不使用での栽培、環境改善のために進んで動いていける、そんな人に使ってもらいたいと願っています。 
 4日目の断捨離はN-ONE
愛車を断捨離
 2020/7/2 今日は午前中愛車N-ONEを断捨離、査定価格が15万高かったところで買取してもらいました。
今回もディーラーさんともう1業者、査定無料ということなので試しにとお願いして良かったと思いました。

そんなこんなで、午後から半年ぶりに美容院でカットしてもらって頭もすっきり(#^^#)
今日からあまり乗ることがなかった息子のN-BOXを使用中。
乗り換えも検討中ですが、無駄なお金を使うのももったいないしなぁと思案しています。
日常的には仕事で乗るトラックがあれば用も足りるし、たまに出かけるなら車を維持するより、公共の乗り物を利用したほうが経費も掛からないような気がします。バス停までは遠いのですが、タクシー使ったとしても車を買って維持することを思うと経済的だし、歩くのも健康に良いし、、、、お出かけもめったにないし。さて、、どうなる今後!?
断捨離3日目
昭和レトロなバスケット LED電球 
2020/7/1 倉庫内の新品すき焼き鍋、かわいいタッパー、便箋と封筒セット、メモ用紙等ご近所さんが引き取ってくださいました。
昭和レトロな竹素材のバスケット
高さ19,5センチ、幅26,5センチ、奥行14センチ
お弁当2~3人前入りそう、もっと大きいのもあるなぁ
LED電球新品、2種類各4個ずつ、健康被害があるものは処分した方が良いかも。
テーブル4個、メタルグラス、食器などはリサイクルセンターへ持ち込み処分、今日は朝から断捨離の3日目でした。
お気軽にメールお問合せください。Tel 0845-24-0465
722-2211 広島県尾道市因島中庄町4142-5
村上農園 Tel&Fax 0845-24-0465 携帯090-1185-1466
URL:https://ii-mikan.com/Mail:

上に戻る

Copyright (C) 2005 Studio Murakami farm. All Rights Reserved