ようこそ!ここは自然栽培柑橘のネットショップ≪因島のおばあちゃんのみかん園≫です
Natural cultivation citrus Murakami farm
電話 0845-24-0465 大地の恵み
送料 お支払いについてお問合せ お便りはこちらから村上農園のご紹介地図(村上農園所在地)トップページへ特定商取引表記
 Privacy policy
 農家兼業日記67
 お客様便り
 今年の温州みかん
 今年の八朔
 安全なみかんって?
 ナギナタガヤ
 柑橘レシピ 
 みかん豆知識
 みかんの梱包
 八朔の梱包 
 はちみつの話
 リンク
 手作り石鹸レシピ
 Facebook
 listbuttonFAXでのご注文
 listbuttonお買い物カート
 listbuttonメールでのご注文
 温州みかん
 八朔
 甘夏みかん
 ネーブル
 キンカン
 グリーンレモン
 レモン
 キヨミオレンジ
 すっぱい夏みかん
 アンセイカン
 スウィートスプリング
 柚子
 橙(ダイダイ)
 百花はちみつ
 柑橘はちみつ
 菊芋
 キウイ
 ローリエ
 カモミール
 サフラン
 ハブ草茶
 山椒の実
 レモングラス

準備中
 私たちが栽培しています
 
農家兼業日記2019/8/1~8/31  日記68へ戻る   農家兼業日記70へ
ハーブと石鹸を発送
2019/8/31 今日は、曇ったり晴れたりの一日でした。ハーブと石鹸のラッピング後、荷造り発送。。
休憩時間にお香じゃなくてアロマを楽しみながら....(笑)藍染のエコラップでお茶菓子をいただきました。
四角の藍染布に蜜蝋を溶かしただけ、、使用後は水洗いして拭けばよいだけ。。
この四角い布、折って箸置きにもなります。折り方は自由。折り鶴だって折れるでしょうね。。
エコラップで野菜を保存
 2019/8/30 エコラップで4日目の玉ねぎ。。キュウリもシャキッと新鮮。。
結露がないのが野菜にも私にもストレスにならない。。環境対策にもなって素敵です。。 
 雨が続く中
出来上がった蜜蝋の和蝋燭を灯す 灯芯草が蜜蝋を吸い上げて燃えるさま 末っ子が作ってくれた豆腐ハンバーグ
 2019/8/29 土砂流れ警戒警報が出ています。今日も雨、止んでいる時間もありました。圃場が気になりますが、斜面が緩くなっていて危険なのですぐには動けません。

午前中、アロマキャンドルを3個追加で作って灯してみました。灯芯の先が長かったので大きな炎で揺らぎながら燃えていました。これから蚊の攻撃がしつこくなるので、防虫アロマキャンドル(ラベンダー・ゼラニウム・レモングラス)を活用していきたいと思います。自然からの恵み、ミツバチさんが命がけで作り上げた蝋を無駄にせず、環境に負荷をかけず生活に活かすことのほんの一コマ、出来ることから。。。

蜜蝋で作った和ろうそくに火を灯すと、灯芯の根元に細かい泡立ちが出来ています。
熱で溶けた蝋が吸い上げられ揺らぎながら、ジジジ...ジジ...ジジジジ.....と微かに音を発しながら燃えています。

今日の夕食も末っ子が作ってくれました。豆腐ハンバーグだそうです。感謝していただきました。
ありがとう(^^)
蜜蝋で和蝋燭作り 
降りしきる雨 和紙と灯芯草と真綿を巻いて蝋燭の芯が完成 蜜蝋を削って湯煎にかけます 溶けてきました
 2019/8/28 蜜ろうの和蝋燭作り
昨夜から不安になるくらい降りしきる雨、有難い恵みの雨なのですが、被害が出ないよう祈るしかありません。
こんな日だから、蝋燭作りを集中してやってみよう。。
和紙を巻き、灯芯草を巻き、真綿を巻く。。初の和蝋燭の芯作り。。蝋はハゼではなく蜜蝋。。
蜜蝋を切って湯煎にかける。
蜜蝋の和蝋燭 灯芯に空気穴があることで揺らぎのある炎になる アロマキャンドルも和蝋燭の芯で 麻芯では細すぎて炎が消えてしまった
 2019/8/28 これは2度目に作った和蝋燭。蝋燭の芯を浸けては冷ましを数十回繰り返し、冷めきらないうちに棒を外します。
少しの間冷まし、灯芯が1.5mmくらい出るように切り完成。
空気孔があることで、良く燃え、揺らぎのある燃え方をするのだとか。。
今日は4本の和蝋燭と、アロマキャンドルを作ってみました。
夕食は末っ子が作ってくれたので、蝋燭作りに集中できました。感謝です。
蜜蝋の和蝋燭完成 和蝋燭の芯でアロマキャンドル 芯の長さが落ち着くと安定して燃え始める
 2019/8/28 食後、燃え方を確認したくて、灯してみました。アロマキャンドルは麻芯1.2mmをダブルで使いましたが、芯が細かったため、途中で消えてしまったので芯を和蝋燭で作り直しました。やはり蝋燭は芯が命、燃え方が違います。炎が幻想的な紫っぽいブルー。。
日本の和蝋燭作りの伝統技術が継承されてきたからこそ、手技は無理としても、行程だけでも素人なりに、見様見真似で生活に生かすことが出来ることに感謝の思いでいっぱいです。日本の誇るべき伝統技術がこれからも受け継がれ、本物の良さを一人でも多くの人に知ってもらえるきっかけとなれば幸いです。
一日の始まりに.....
 山下公敏作
2019/8/27 山下公敏さん作。。このお茶碗には赤が似合っている。。と、思う(*^.^*)
自分流の楽しみかたでいただきました。
お茶の味わいが優しくまろやかに感じられました。
ふしぎですね。
一日の始まりに、自分を見つめる時間を持てる幸せ。。
ご縁に感謝いたします。。 
 
一日雨 
2019/8/27 午後からは高校時代の恩師が、ナツメをうまく乾燥させるにはどうしたらよいかと、収穫されたナツメを持ってこられたので一緒に修治しました。まだたくさん生っているので届けてくださるとのこと、有り難いです。
久しぶりにお茶しながら話し込んで、夕方には再度無農薬採れ立てのキュウリやしし唐も届けてくださいました。
ありがたいことです。 
 
 福山から陶芸家山下公敏・明子(ご夫妻)がご来島
エコラップ作り エコラップ作り
2019/8/26 お客様が来られるのは11時過ぎの予定、ケーキを焼いて、お茶のご用意をして待機。
11時過ぎ無事到着されました。
お茶後、13時過ぎ手打ち蕎麦はなへ。陶芸家山下公敏・明子ご夫妻のお車に同乗させていただきご案内しました。
帰宅後、お茶しながら暫くお話したのち、持参されたハンカチでエコラップ作り体験。蜜ろうを削る作業が結構時間がかかって大変なのです。削った蝋をハンカチに並べてクッキングシートを上下に敷いて高温でアイロンをかけて溶かすと完成です。綿ローンの薄い生地では、生地が蝋をすいきれず余るので2枚使いました。  
 
山下公敏作 山下公敏作
2019/8/26 山下公敏さん作、多用途椀をお土産にいただきました。
表情豊かな味わい深い作品、暫く眺めていると、想像力をかきたてられていきました。
 
2019/8/25 明日はお客様day、店舗のお掃除と、観葉植物を運び込み、お部屋の雰囲気作り。エコラップ作り体験準備をしました。
 2019/8/24 13年目のエアコンが息切れ状態になってしまいあたらしいのと取り換えてもらいました。今度のはお掃除ノズルがついています。屋根替えをしてからは気温が高い時も、以前とは多少居心地が違っているように感じます。台風10号が通り過ぎて以降エアコンも使わず過ごせる時間が長く、ずいぶん秋らしくなってきました。。
裏庭で収穫したホーリーバジルを乾燥/花柄のハンカチをエコラップに 
自然栽培ホーリーバジル 花柄のハンカチでエコラップ作り
 2019/8/23 ホーリーバジルが良い感じに乾燥してきました。
爽やかな風味に癒されて気分もすっきりです。
たくさんはありませんが、ホーリーバジルを販売いたします。よろしければご利用くださいませ。

今日は、可愛い花柄のハンカチをエコラップにしました。薄さがちょうどよく、きっちりくっついてラップの役割をしてくれます。
生地が厚めだと容器にくっつかない(+o+) だけど、しっかりした生地は存在感が素敵です。  
藍染久留米絣のエコラップ作り 
アロマキャンドルポット 藍染単色の久留米絣 蜜ろうを染ませた久留米絣拡大写真 久留米絣のエコラップ完成
 2019/8/22 久留米絣の工房には花柄の可愛いハギレもいろいろあったなぁ‥‥
少し生地がしっかり目だから、食品を包んだりするのに良いかも。
薄目の極めの細かい布は容器にぴったりくっついてくれそう。。
布地は光を通すくらいの薄さが良いらしい。手の温もりで容器にぴったり付くのがベストとか。

久留米絣は生地がしっかり目で大きさも38センチ角にしたので難しかったです。26cmの洋皿用。
単色で濃い色の布に蝋を均一に融かすには、技術が伴うのだということがわかりました。
初めは、クッキングペーパーの幅におさまる大きさから慣れるのが良いですね(・・;)

作り方も、ミツロウだけで作る方法以外に、オーガニックココナッツオイルを1:1で融かす方法や、オーガニックホホバオイルとフランキンセンスレジンを砕いて作る方法もあるようです。これは抗菌作用と薬効も期待できるのかな。。

色々と試してみて、食品によって使い分け出来るのも良いかもしれません。
布も絵柄やチェック等揃えてみようと思います。
 庭の野菜で朝ご飯/蜜ろうと灯芯草
初収穫のキュウリと花オクラ 庭の野菜と海の幸 蜜ろう 灯芯草
 2019/8/21 今朝は早朝からお米を搗きに行き、庭の野菜とチリメンジャコ、桜エビ、有精卵で朝食を採り、動噴とタンク、ホースをトラックから下ろし倉庫にしまい、倉庫内の片づけをしました。不用品の処理もしておきたいと思います。

予報から、当分の間雨量の心配をすることはなさそうです。台風で飛ばされた風のトイレを元の位置に戻す作業と恵みの雨で生き生きと育っている草の処理、第2段階の摘果作業を行っていきます。

さて、蜜ろうの湯煎作業も残り1回で終了です。毎日湯煎を2回~3回繰り返して不純物を取り除く作業を続けています。昨日からクエン酸を加えて小さな鍋で湯煎を試し、蝋燭にして火を灯してみました。問題なく使えるし、においの軽減と脱色にもなるのかなと感じて、今日もクエン酸を加え3回ほど湯煎しました。
蜜ろうの総重量は12kほどあり、蝋燭作りとエコラップ、蜜ろうワックス、柑橘樹の手入れ用接ぎ蝋に利用します。
蝋燭の芯に使う灯芯草が届きました。絹真綿も明日到着予定です。
蜜を絞った後蜜ろうを時間を置かず湯煎したクリーム用の蜜ろうも1150gあるので、使いやすく切り分けて冷蔵保存しておきます。
石鹸のラッピング準備 
石鹸のラッピング準備
 2019/8/20 夜の間雨、日中は曇り。
午前中、ハチミツをご購入のお客様とお昼過ぎまでティータイムを楽しみ、午後からは石鹸のラッピング準備と荷造り。石鹸をワックスペーパーでおひねりにしたら、食べられてしまいそう、、、(+o+) 
雨曇りで湿度が高い日 
 2019/8/19 早朝、スベリヒユを摘み取り修治している間に久々にコーヒータイム。
昨晩もやさしい雨が大地を潤し、木々も草たちも、柑橘も生き生きと育っています。潅水だけではここまでは育ちません。恵みに感謝です。今日は曇り空で風もなく、湿度も高い、部屋で過ごすには熱中症の心配もあって、エアコンの除湿に助けられています。
手作り石鹸の解禁日
手作り石鹸の解禁日 レッドクレイ・グリーンクレイの石鹸の解禁日 手作り石鹸の解禁日
 2019/8/19 今日は石鹸の解禁日。。どんな使い心地かな? 早速ねっと泡立てて。。。

 モコモコフワフワの泡立ち(*^^*)💕

しっとり洗い上がってアロマの香りに癒されて幸せ( *´艸`)�
さらに1ヶ月、2か月と熟成させると、石鹸に固さが出て溶け崩れしにくくなります。
この1ヶ月、風を当て乾燥させて、ドアを開ける度、香りにうっとり癒されていました。
今日のお風呂が楽しみです。。  
 みかん山へ
台風10号後の通路 トイレが飛ばされていた
2019/8/18 山に上がっていくと、竹が行く手を阻む。トッラクを止め、飛ばされた枯れ木の枝を取り除きながら上がっていく。幸いなことにみかんの木は大丈夫だったが、風のトイレは通路まで飛ばされていた(+o+)
トラックの荷を下ろさなければ運べないので一旦帰宅。 
 
ホーリーバジルを修治し水分を切って乾燥中 
自然栽培ホーリーバジル 自然栽培ホーリーバジル 自然栽培ホーリーバジル
 2019/8/18 今日は、エアコンを使わず過ごしました。雨の恵みで草たちも生き生きと伸び放題。ホーリーバジルに花が咲き1mほどに成長、刈り取って修治し水気を切って乾燥中です。修治すると香りも立って生き生きします、これを麻紐で結んで吊るして、雨曇りなのでお部屋で風に当てています。水にぬれた状態でお日様に充てると葉焼けして色が褪せる為、しっかり水分を切った後、お天気が回復したら、3時間だけお日様の光に当てた後、さらに風に当て完全に乾燥させるのです。
春の農作業で脱水症状が出てから体調不良が続いていましたが、ホーリーバジルとスイカズラ、アカメガシワ、レッドクローバーのお茶に癒され、体調もかなりよくなりました。
 帰島した翌日
丼納豆ごはん ショウガ入り煮卵 八女茶と羊羹
2019/8/17 生まれて9日目の汐里とまだ傷が治り切っていない娘のことを思いながら、、
今朝の朝食は丼ご飯でした~(笑 )野菜がいっぱいの田舎ご飯。。。
長男に朝食コールしても起きて来ず、11時前頃に食事を済ませ和歌山のお嫁さんの実家にお土産を買ってお嫁さんと娘たちを迎えに行きました。

有精卵のショウガ入り煮卵で夏バテ防止。
お昼前に長男が帰り、昼食後ふっと気が抜けたら4時頃まで寝入っていました(笑)
熊本の知人から極上八女煎茶と極上煎茶入り羊羮(よう勘五郎)が届きました。
Iさん、どうもありがとうございます。
3年前娘とお茶園を訪ねた時にはお世話になりました。懐かしく思い出しています。
 
夕方帰島 
黒ニンニクが完成 蜜ろうきれいに仕上がりました
 2019/8/16  夕方5時には帰宅、荷物を部屋に運んで、蜜ろうの精製作業再開。台風あとの庭をささっと片付けて、鉢植えに灌水。部屋に上がると長男がお墓参りから帰ったところでした。
台風の様子を知らせてくれていたので、風も強く吹いていたようですが、雨が降ってくれて多少はしのげました。
長男と明日の予定を話しながら軽く夕食を取って10時過ぎ入浴、12時過ぎ就寝。  
 8月16日午前中無事退院
沐浴した後なのでご機嫌さんです 妹を抱っこし写メしているパパをみている悠莉
 2019/8/15 午前10時半。台風10号の真っ只中、退院しました。雨が降って時折強めの風が吹いたりしただけで、お婿さんが出生届を出しに行っている間、私は一旦マンションに帰り、洗濯をして待機。今日から嫁ぎ先のご実家で1ヶ月ほどお世話になるので、昼食後ご実家へ向かいました。
お姉ちゃんの悠莉は、チョッと緊張しながら汐里を抱っこし、写メしてるパパの方を見ています(笑)
今度会えるのは、お宮参りの時か、天候が安定していれば8月末~9月初旬頃、お手伝いに行ければと思っています。

悠莉の時は風邪をひいてしまい遠くから見ていることしかできませんでしたから、今回30年ぶりに沐浴体験をしました冷や冷や緊張しまくりでした(^^;。
夕食をごちそうになり、お土産までいただいてマンションに帰り、台風が去った8/16正午帰路につきました。
島には長男が帰島していたので、台風の様子を知らせてもらっていました。14日は強風が吹き荒れ、雨は降っていなかったようですが、15日はお昼ごろ雨が降ってきたとのこと。一安心しました。
被害が出ないようにと祈りながら一夜を過ごしました。
8月14日おっぱいを飲む前と飲んだ後の体重差74g 
母乳を飲む前2830g 母乳を飲んだ後2904g 母乳の摂取量を確認
2019/8/14 おっぱいを飲む前「2830g」飲んだ後「2904g」
74g
ミルクのときは30cc~40ccずつでした。
おっぱいだけになってほんの2~3日でずいぶん飲めるようになってきました。
授乳順調
ママの顔もほころんでる(笑)
 
8月11日 娘の入院先へ
悠莉とパパに見守られて おっぱいほしいって思いっきり泣いてる汐里
2019/8/11~ 3時真っ暗な中出発、途中強烈な眠気に襲われ、20分くらい2度仮眠を取りながら、マンションに到着したのは夜明けの7時半過ぎ、軽く仮眠を取り、午後から入院先へ。昼食・夕食はお婿さんが気遣って料理屋さんへ連れて行ってくれました。食後、一旦マンションへ帰り、娘の着替えを洗濯、シャワー後、夜は娘に付き添いました。
手術直後なので、痛みで動くのが大変な状態。
赤ちゃんは夜間3日ほど詰め所で見てもらえ明け方6時前に部屋に連れてきてもらえました。

2019/8/12 お腹が空いて元氣に泣いています。
お腹にいるときから女の子と分かっていたので、名前も「汐里」と命名。

おっぱいをあげる前に飲みやすくする準備をし、赤ちゃんとママの格闘が始まります。
はじめはうまく吸い付くことが出来ないので、いら立って泣く汐里ちゃん、お口を大きく開ける練習をさせるママ。。生きるための第一歩です。。
手術の傷跡の痛みと闘いながら、抱っこ枕を使って脇から飲ませたり、色々と工夫しています。
飲んでいてもすぐ寝てしまって、お腹が空いては起きて泣くの繰り返し。はじめはママを休ませてあげるため、ミルクを足しながらでしたが、退院2日前には抜糸も無事終わり、すっかり母乳だけで足りるようになりました。
4日ほど身体をまっすぐ伸ばすこともできず、身体を伏せながらやっと歩けるというような状態でしたが、日に日に回復。
おっぱいを飲ませていると、子宮の収縮が早い!汐里もだんだんと上手に飲めるようになっていきました。
 
 産後の娘のおやつにはマカロンがついていた
 献立のお品書きもついて、エステもついて、食事もおやつも充実していておしゃれで親切、適切なアドバイスももらえて、素敵なクリニックでした。
娘の出産日が早まる 
5人目の孫「汐里」誕生
 2019/8/9 13日が予定だった娘の出産日が体調を考慮して今日入院し、夕方手術となりました。
血圧が高めで、尿タンパクが出ているとのことで急遽日程変更。
帝王切開で出産後、出血が止まらなくなり救急で大学病院へ搬送、治療後翌朝には赤ちゃんのいる産婦人科クリニックへ帰ることが出来ました。赤ちゃんは元気で順調。早速動画が送られてきました。

   二人目の女の子誕生おめでとう!!

2019/8/10 落ち着いているようだけど、明日夜中にこちらを出ることにしました。
初のトコロテン試食
トコロテンが美味しい季節 
 2019/8/8 早朝から、気になっていた台風9号の跡の通路の落ち葉やごみの掃除、作業場の片付け。
2度目の蜜ろうの湯煎を開始。
始めの10回ほどは不純物が多く臭いもきついので、湯煎した後は鍋の蓋をして冷ましています。

シャワー後に、煮込んで濾して冷やしておいたトコロテンをいただきました。
豊島出身の知人からいただいた瀬戸内の海の恵み、夏の風物詩---天草。。
食欲がない時でもすっと喉越しよく一息付けました。
ごちそう様です。

店舗内に掃除機をかけ、湿度が高いので3時間ほど除湿。
気分が今一すぐれず、リグライニングチェアで暫く休憩しました。
夕方、出張マッサージをお願いしたら、首、背中や足腰の筋肉がガチガチになっているので、朝すぐに置き上がれないのもさもあらん。。やはり急傾斜での作業の反動は半端ないんだと実感。年齢と向き合いながらマイペースでと思っていても、40度近い暑さの中、年々自然環境が厳しくなる中では、身体がついていけないのもしかり。
筋トレとストレッチを欠かさず続けていかないと身体がついていけてないんだなぁ、、
瀬戸内の海の恵み「天草」 
天草を焚く 豊島の天草
 2019/8/7 猛暑の中での草刈や潅水作業の疲れが今頃出てきたのか、軽い目眩と吐き気、、気分がすぐれず午前中は休んでいました。

夏みかんの販売も終了し、受注もしばらくなく、今日久々に百花蜜のご注文が入ったので、午後から出荷準備、蜜ろうの仕上げ等済ませ、お灸で治療。腹式呼吸をしながら腰痛体操も無理のない程度に、、、
 台風8号の雨
台風8号の雨 ポトスの葉に露玉
 2019/8/6 昨日夕方、パラパラと小雨が降ったり止んだりしていましたが、今朝起きてみると嬉しい恵み雨。。
暴風圏での災害が気がかりです。昨年のようなひどい状況にならないようにと祈るばかり、、、

昨日中に入れたポトスの葉から露玉が滴り落ちています。風もさほど強くはありませんが、ウッドデッキに雨水が伝って窓枠まで来ています。
 潅水4日目
害虫に食害されたみかんの木にカブトムシ 害虫に食害されたみかんの木にクワガタ 青い空、心地よい風、蝉の声が絶え間なく
 2019/8/5 空が青く澄んで、蝉の声が絶え間なく聞こえるみかん山。
今日は風が吹いて、木陰にいると暑さもそれほど厳しく感じませんでした。
摘果をしながら、潅水、草刈り。 
峠のみかん園に潅水 1回目終了。 午後1時、40度超えてる。
 2019/8/5 8時過ぎ、1回目の潅水が終わり、2回目12時過ぎには峠のみかん園残り半分が終了。
取り残しの摘果も終了。枳実用の摘果みかんの実を持ち帰り修治。梅雨時期に採取し乾燥させていた実はほとんどがカビてうまくできなかったという参加者の報告を聞いていたので、完成したら届けて差し上げようと思います。
うまくできますように。。。

一通り終わったので、午後からは休養しました。温度計を見ると外気温40度を少し超えています。
台風8号の接近を確認、午後から風が強まってきました。建物周辺の片づけや、吊り鉢・倒れやすい鉢物を屋内へ移動。
パーゴラに吊るしたサンキャッチャーも外しました。  
潅水3日目 
れもんとキヨミオレンジに潅水 取り残しレモン、 レモンの実にしがみついているカマキリさん(笑)
 2019/8/4 4段目と5段目のレモンとキヨミオレンジの圃場を風の通り道を作りながら草刈り後潅水。
レモンにしがみついてるカマキリ君(笑)
可愛いレモンの赤ちゃんが順調に育っています。
取って置き最後のレモンが2個、惜しくて取れないよ(・・;)  
峠のみかん園の潅水半分終了 峠のみかん園の潅水半分終了
2019/8/4 峠のみかん園にも半分まで潅水できました。  
 潅水2日目
通路の草刈り ポポーの苗木周辺を高さを残し草刈り 通路の草刈り
2019/8/3 昨日の残り南柑20号に潅水しながら上の段の苗木周辺の草刈り。
道幅がわからなくなるくらい葛が茂りまくっていたので、風の通り道を作りながら草刈り。
通路の周辺も木陰で休憩する場所の確保のため葛を刈り払いました。
10時半、力尽きて一旦帰宅。シャワー後洗濯、昼食。事務処理後お昼寝。何日先まで潅水を続けなければならないか、、1ヶ月以上雨の降らない日が続くというような異常気象が例年のように起きている現実、水やり作業をしないと、みかんは酸味が強くなり、玉太りもせず、衰弱した木は害虫に食害され数年後には枯れてしまう等、非常に栽培が困難な環境になってきています。自然栽培下では、夏の干ばつ冬の寒波は木に負担となります。また、体力にも限界があります。
木の周囲にも 5時だけどもう1回
 2019/8/3 15時前、タンクに水を入れながら庭に潅水。
スタンドで草刈り機の燃料を7.5Ⅼ購入、動噴にもガソリンを給油。
日曜日は行きつけのスタンドがお休みなので今日の内に準備。
午後からは2回往復し、ポポーの苗木に潅水後、青島温州、奥側の南柑20号に潅水。
18時40分作業終了。末っ子から、お寿司を買ってるよとのラインが入りました。
気配りに感謝です。 
潅水初日 
苗木の潅水 3回往復
夜7時半 真っ暗です
 2019/8/2 日の出前からトラックにタンクを乗せロープで縛り動噴を設置、タンクに水が満タンになるまでに25分ほどかかります。坂道を4輪駆動のハイパワーに切り替え上っていくとすでに日が燦燦と降り注いでいます。午前中2回通って、苗木と南柑20号に潅水。。午前中5時間、潅水しながら摘果、草刈り。日差しの強い間休憩し、事務仕事を1時間ほど、、4時前から作業再開。7時半まで。。辺りは真っ暗。。生口橋の灯りが小さく輝いて藍色の空が美しい。。   
日の出前の東の空 庭に潅水しながらちょこっと休憩
2019/8/1 日の出前の東の空、お隣の柳の木がぐんぐん大きくなっていく。。
庭に水撒きしながら、ちょこっと休憩
あすから潅水作業に入ります。動噴をトラックに乗せるまでが大変かな、、、頑張ろう(^-^; 
お気軽にメールお問合せください。Tel 0845-24-0465
722-2211 広島県尾道市因島中庄町4142-5
村上農園 Tel&Fax 0845-24-0465 携帯090-1185-1466
URL:https://ii-mikan.com/Mail:

上に戻る

Copyright (C) 2005 Studio Murakami farm. All Rights Reserved